初めて!和服の通販購入サイト6選

トップ > 和服の豆知識 > 和服が持つ惹きつけられる魅力とは

和服が持つ惹きつけられる魅力とは

 ライフスタイルが変わるなか、着用する機会は少なくなりつつありますが、和服の素晴らしさや卓越性は再評価されています。
和服の素晴らしいところは、まず第一に、四季が充実している日本国内の美意識が表現されており、非常に長い築いてきた歴史の中で改良された文様や意匠などが奥が深い和のカルチャーを表しているところです。
核心に迫る美を浮き立たせようとする着物のうつくしさには、日本のこころを感じることができます。
具体的に着物は、私達日本人の身体のラインのアピールポイントを活かした日本人に合う装いといえます。
そして、着物と帯や小物のコーディネイト次第で趣が変容して、広い範囲のドレスアップが楽しめます。
高価格のイメージもありますが、流行があまりなくて、少しの体型の変容に影響されず、長い期間着用することができます。
そして、手厚く保管して、世代を乗り越えて受け継がれています。

 着物については、長期にわたって着用するものであり、親より子へ手厚く引き継がれることが多いといえます。
その影響で、家では、着物を着用するときには手を洗って、虫がつかないようしっかりと畳んで保管して、それぞれの季節ごとに虫干しなどに十分配慮します。
また、破損したケースも、繕ったり、或いは端切れをつなぎ合わせたり、裏地並びに帯にしたり、創意工夫して長期にわたって愛用します。
そうした家の中で、物を大事に取り扱うことを子供はナチュラルに学んでいきます。
物を重視する心は、いまどきのエコロジーの精神にも通じ合うといえます。
着物を着用しますと、ナチュラルに背筋が伸び、魅力的な所作が身きます。
行動の仕方が制約されますので、周囲に気配りをする心遣いが現れて来ます。
以上のように精神的にも好影響を与えます。

 着物で魅了される点のひとつは、着物全体が織りなすカラーの調和の卓越性と言えます。
着物は大差がなくとも、セットする帯によって異なった印象になったり、帯締め並びに帯揚げといった小物使いで多種多様な表情がもたらされる点が魅力的といえます。
それに加えて、日本国内は四季がはっきりしている国ですから、着物や帯に活用される柄についてもシーズンを表したものがいくつも存在します。
春のシーズンは桜、夏期間は水中を泳ぐ魚、秋の季節は紅葉、寒い季節は雪というように、変化する季節を着用するものに盛り込んでいます。
大自然に添い、季節感に重きを置く私達日本人の感性が着物には表されています。
また、着物の素晴らしいところは外見上だけでなく、着用した人のしぐさのクリーンさにもあります。
着物を着ると落ち着きを払った上品な動作になります。

次の記事へ

カテゴリー

先頭に戻る