初めて!和服の通販購入サイト6選

トップ > 和服の豆知識 > 和服に関する歴史と課題及び対策

和服に関する歴史と課題及び対策

 着物の築いてきた歴史は、縄文時代において布を巻きつけた巻布衣や貫頭衣に始まっています。
そして、平安時代においては日本国内の気候風土にフィットするように、身幅や袖幅がゆとりのある十二単などが貴族の装束となります。
そして、江戸時代には、帯の結び方、或いは髪形それから、小物の細工等も凝ったものに発展してきました。
明治以降、着物の柄に洋風のものが加わり、ライフスタイルも西洋スタイルに時間をかけて変わるなか、着物に関しては重要な儀式やぜいたくを堪能する象徴となっていきました。
近年では、世界的に通用する言葉となっています。
 近年では、日頃の生活で着物を着用することは少なくなり、一般的に考えて晴着という意識になって、結婚式といったセレモニーや成人式などの機会に、身につける習慣となっています。

 終戦後、高度経済成長期と共に、和服の生産量は急速に伸びましが、次第に日頃の生活風景から消え、生産量が減少しました。
そして、バブル崩壊以降は少なくなっていく状態が続いています。
消費低迷においての課題は、産地が打撃を受けて、着物のカルチャーをアシストするものづくりの力が落ちていることです。
それに対して、消費者は、購入することが少なくなるにつれて、仕上がり具合や販売価格などの知識を自分の物にする機会も減り、知らないので避けるという悪循環の状態になっています。
その結果、着物とミックスさせた惹きつけられるサービスや催し物の展開など着用する機会の形成とともに、着物の似合うシチュエーションと最適な着こなしの発案、入手後のサポートなど一層具体的でイメージを描きやすい消費者に対しての情報提供が入り用となっています。

 地方自治体では、行政及び和服関連業界が協力して、着物姿の人をターゲットとしたコンサートといった催し物の開催であるとか、着物展示会の履行それから、一定期間だけ交通機関の使用や施設の入場がフリーになるなど、着物の商品そのものの魅力をアピールし、着用する機会を生じさせる取組を意欲的に推し進めています。
それに加えて、着物を着用する者には値引きや粗品のプレゼント等のサービスが受けられたり、タクシーの料金が割り引きになるなど、さまざまな企業においての自主的な取組みも実施されています。
ほかにも、中学校においての浴衣の着付けの体験授業であるとか、小学生に限定した検定のテキストブックにおいて、着物をピックアップするなど、教育においての取組の拡充も目指しています。
こうした取り組みにより、和服に対する注目が集まっています。

次の記事へ

カテゴリー

先頭に戻る