初めて!和服の通販購入サイト6選

トップ > 和服の豆知識 > 和服のマナーや特徴を知っておきたい

和服のマナーや特徴を知っておきたい

 和服は伝統的な日本の衣裳なので、若い10代、20代の人も憧れている人が多く、基本的なマナーや着物の種類を知っておきたい人が増えています。
20代を過ぎると友人や親戚の人の結婚披露宴に招待されたり、フォーマルなパーティーに参加したり、お稽古事に通いたい人も多いです。
既婚女性の正式礼装には黒留袖があります。
黒留袖は正絹などの高品質な素材を使用しており、裾の部分に模様があり、高級感があり上品なのが特徴です。
若い20代、30代の女性の場合は、柄が高い位置にあり、模様も年配向けの商品よりも華やかさのある商品がお勧めです。
色留袖は準礼装の着物ですが、紋を付けることで黒留袖と同格になります。
色留袖は黒留袖に比べると若々しい印象なので、20代後半の女性によく似合います。
裾の部分に模様が入っているのが特徴になっており、パーティーやイベント時に着用する人も多いです。

 日本の着物の種類を知っておきたい人が多いですが、未婚女性の正式礼装には振袖があります。
成人式や結婚披露宴などに出席をする時に着用すると、若々しく華やかな印象になります。
20代前半の若い女性には袖が長い商品がお勧めです。
振袖は若い年代の女性にぴったりな華やかな印象の柄が特徴です。
伝統的な古典柄の商品は根強い人気がありますが、現代風でモダンな印象の商品も販売されています。
自分の顔立ちや雰囲気に合った着物を着用することで、魅力的な女性になれます。
20代後半の場合は袖が短めの商品も販売されており、上品で落ち着いた雰囲気の商品が揃っています。
現代は以前に比べると着物を着用する機会が減少していますが、成人式はほとんどの女性が着物を着用しています。
振袖の場合は帯の柄やデザインも若々しい商品がお勧めです。

 未婚の女性も20代後半になると振袖を着用するのに抵抗を感じている人が多いですし、30代ぐらいの年齢になると落ち着いた雰囲気の着物を着用したい人が増えています。
訪問着は肩や胸、裾などにきれいな絵羽模様が入っているのが特徴で、上品さの中に華やかさもあるので、30代、40代の大人の女性には人気があります。
訪問着は既婚の女性はもちろん、未婚の女性も着用が出来るので幅広い年代に人気があります。
近くに専門店がある場合は、実際に足を運んで似合うデザインの商品を提案してくれます。
近くに専門店が少ない場合は、インターネット通販の専門店を利用すると高品質な素材を使用しており、豊富な柄やデザインの商品が揃っています。
口コミで評価の高いお店を選ぶと、注文をしてから発送までのスピードも速いので、幅広い年代の人が利用しています。

次の記事へ

カテゴリー

先頭に戻る