初めて!和服の通販購入サイト6選

トップ > 和服の豆知識 > 最近人気が高まっている和服の魅力について

最近人気が高まっている和服の魅力について

 和服というのは女性の方を外側から華麗に彩るのみならず、メンタル面の美しさを引き立てる要素を数多く持っています。
着物を身にまとっている女性の方を見かけると、振り返ってしまう方が非常に多いのも、そういう理由からでしょう。
外国では着物は着るアートとも言い伝えられていて、日本国内のみならずあらゆる国の人からも高い人気を誇っています。
着物につきましては過去、自分自身で着るのが困難である、着用する機会や場所がないなどハードルが高い印象がありました。
しかしながら、時代も変化してキモノ女子という日常着という形で着物をエンジョイする若い女性の方も増加しつつあります。
着物は知るほど着用してみたいと思えるようなハイセンスな魅力が多いといえます。
ですから、最近は着物に対して再評価される動きがあります。

 女性の方にとって喜ばしい魅力は、やはり見栄えに加えて内面からの美しさを引き立ててくれるということがあげられます。
着物については洋服と照らし合わせると動き難いため、物を取る時並びに歩いている時、椅子に座る時など、動きにくさを乗り越えるための特徴のある所作や作法を会得することが不可欠です。
ひじを体より離さないようにする、指を一緒にするといった行儀作法など、着物を着用した時の振る舞いは、最終的にナチュラルに凛とした惹きつけられる動きに変化します。
それに加えて、柄並びに素材によって独自性や季節感を楽しむことが可能なのも魅力の一つと言えます。
さらに帯留め及び半襟や草履、さらにバッグなどの小物を利用することによって遊び心を付与することも出来ます。
そのため、個性を前面に出すことも可能です。

 そして、季節に合わせ柄や素材のコーディネイト方法も確定しています。
ひとつの例として、10月から5月については裏地がついている袷の着物を着ますし、6月及び9月には裏地無しの単衣また、7月並びに8月には夏用の薄物という着物を使用します。
シーズンごとに素材を差しかえることで、暑さ並びに寒さに影響を受けることなくスムーズに着用することができます。
それに加えて着物の柄についても、シーズンごとにそれに見合ったアレンジが必要です。
着物の柄に採用される花にも季節感を取り入れます。
多くのケースで柄は半月~ひと月先の季節を先行するのが粋だと考えられており、 ひとつの例として2月に着用する着物には3月の花の紅梅や桃といった柄を盛りこみます。
こうした季節感が着物の魅力を一層引き立てています。

カテゴリー

先頭に戻る